突然歯がポロリとかけてしまった!

子供の頃から歯が弱く、しょっちゅう歯医者に通っていました。子供の頃は、詳しいことはわからないまま歯科治療を受けていたので全く自覚はなかったのですが、上の歯の1本はかなり早い時期に神経をとっていたようなのです。
20代でまだ学生だったある朝、朝食を食べていたら、その歯が突然ポロリと大きくかけてしまったのです!あんなに驚いたことはありません。虫歯といえば、まず痛くなるものだとばかり思っていたのに、痛みもないまま歯がとれてしまったのですから。
痛みは全くありませんでしたが、鏡を見ると、上の歯の1本がほとんど根元から無くなっていました。笑うとすぐにわかり、これでは恥ずかしくて人前に出ることができません。その日は学校を休み、近所の歯医者に駆け込みました。
その日のうちに仮の歯を入れてもらい、後日、十数万円かけて差し歯を入れることになりました。思いがけない出費も大変でしたが、何よりも突然歯がかけた時のショックは大きく、以来、定期的に歯科検診を受けるようになりました。

PR|大阪で人気の歯周病の歯科医院|