慣れない歯医者

歯医者はなかなか痛みがこない限りいくことはありません。もちろんいい思い出は一つもないです。
行くときはかなりの勇気が必要です。とにかく痛いイメージしかなく、恐怖でしかありません。一番苦手なのは治療前に麻酔の注射をすることです、あの一瞬のちくっ、もわたしはだめです。もちろんその後麻酔が効いているので痛くはないのですが、あの音で、恐怖感は麻酔をしても消えません。
しかも身体全体に力を入れているとみえて、ぜんぜんリラックス出来ず、治療が終わったあとの脱力感ははんぱないです。虫歯の治療も何回も通わないといけないのでそれも苦痛になってしまい、痛みがなくなるとついついまた行かなくなってしまいます。そんなことを繰り返しながら歯医者にかよっています。私は昔から歯の色が若干茶色味がかかっていてとてもコンプレックスでした。本当は歯も白くしたいのですが、料金の方もだいぶかかるらしくできそうにありません、歯の治療費がもっと安くならないかなと切実に願っています。

PR|大阪で歯周病を治す!|