歯間虫歯で歯がかけたときの虫歯治療

外からみると虫歯はないのですが、チョコレートなどの甘いものを食べると歯がしみていました。
あるときせんべいをかじったのですが、ガリガリするものがあって、何かと出してみると歯でした。歯間から進行した虫歯によってかけてしまったのです。
また冷たいものがしみるのではなく、暖かいものでもしみてしまっていたので、慌てて吹田で長年の実績がある歯医者に駆け込みました。

まず、レントゲンをとりました。そうすると、歯間から神経付近に虫歯が達しているのでしみてしまうと教えてもらいました。
そこからはとりあえず虫歯を除くために麻酔をし、歯を削ってもらいました。
根っこの治療もしなければならなかったため、根っこの中の虫歯がないか確認して、薬を詰めて一度蓋をします。その時に仮歯をつくるために型どりしました。
二週間ぐらいたってから薬も根っこの中もしみずに落ち着いてくるので、蓋を剥がして確認します。
大丈夫だったら、根っこを薬で埋めて出来上がった仮歯をまわりの歯と調整しつつ削りつつはめていきました。それで治療は終わりです。

虫歯が見つかったら早めにちゃんと設備が整った歯医者さんにいくことをおすすめします。そうすると、削らなくてもすみます。削ってしまうと歯がもろくなってしまいます。